お金を内緒で借りる方法

MENU

お金を内緒で借りる

お金借りる内緒

お金が欲しいけど、誰にも借りれない。そして、身近な人には知られたくない。なんて事ありませんか?

 

内緒で、どうしてもお金が欲しい時!すぐに現金が必要な時!!

 

スピーディな申し込みで、お金が借りられる方法があります。それは、消費者金融です。消費者金融がお勧めなのは、インターネットからの申し込みで自宅ですべてが完了できる事です。わざわざ、無人機や店舗まで出向かなくていいですし、電話をかける必要もありません。
今の時代は誰にも知られずに、インターネットだけで完結するのです。

 

プロミス

勤務先への在籍確認のための電話を気にされる方が多いですが、勤務先へはプロミスとは名乗らず、個人名で電話があるのでまず怪しまれることはありません。どうしても心配な方は、プロミスのオペレーターに相談してみてください。※出来ない場合もあります

 

プロミスの公式サイトはこちらをクリック

モビット

モビット プロミスと決定的に違うのが、WEB完結申込なら「電話連絡なし」「郵便物なし」なところです。つまり、勤務先に電話がないので安心して申し込めます。またカードレスでご自身の口座に振込キャッシングしてもらえるので自宅にカードが届いてバレルとかいった心配もありません。とても痒い所に手が届いています。

 

モビットの公式サイトはこちらをクリック

 

審査が通り、必要な書類があったら即日キャッシング※も可能です。自分の指定した銀行にお金が振り込まれます。必要書類は、運転免許証などの自分確認の書類と、収入証明書が必要になってきます。勿論、保証人も必要ありません。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

プロミスの場合は、カードの受取の際、自宅に届くとバレる可能性があるので、カードの受取方法を自動契約機にするのがPOINTです。モビットのWEB完結申込は、カードレスの振込キャッシングですのでカードの受取はありません。

 

プロミスやモビットのような知名度のある消費者金融は安心ですが、ここで、気を付けたいポイントがあります。「消費者金融の中でも、悪徳な業者がある!!」簡単に、何の審査もなくお金が借りれたりすぐに、お金が振り込まれたりするのは、要、要、チェックです。消費者金融は、スピーディーにお金が借りれます。しかし、貸し倒れを防ぐために、独自での審査があるんです。キチンと返済能力があるか判断されています。金利は、法的に上限が決まっています。この、上限の金利よりも更に高く利息をとる業者があります。手軽に借りれるけど、地獄の始まりなんてことになります。

★クレカ機能付きで選ぶならACマスターカード!★

 

最短当日発行でクレカが作れる!ACマスターカードなら可能です!一定の収入があればパート・アルバイトでもOK!カードにはアコムの印字がないので内緒というか誰にも知られずににカードローンとして使用できます!

 

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードの3秒診断はこちら!

内緒で消費者金融でお金を借りる際の注意点

お金内緒

消費者金融は急な出費があった時にもすぐに融資をしてくれるサービスとして、社会に定着しています。しかし使い方によっては毒にも薬にもなるという事を良く理解しておきましょう。

 

ではどの様な注意点があるのでしょうか。まず一つは借り過ぎには注意するという事です。便利で、比較的簡単に融資をしてもらう事が出来るので、どうしても借り過ぎてしまいます。しかも担保も保証人も基本的には必要ありません。だから知らず知らずのうちに借り過ぎてしまう事があるので注意しましょう。

 

もう一つは実は金利は銀行系と比較すると高めだという事です。確かにすぐに融資をしてもらえるので魅力的ですが、金利は有担保の目的別ローンよりも高くなっています。だから完済してみると借入額よりもはるかに多い金額を金融機関に払った事になってしまう場合も少なくありません。あとは返済方法によっては損をする事があるという事です。コンスタントに返済していけば、1か月あたりの返済額は少額に設定できる事も多々あります。しかし完済までの期間が長くなればなるほど、金利分が増えて行ってしまうのです。だからゆっくりと少しずつ返済していく事もできて、負担にならないから魅力的だと言ってだらだら返済していくと、借入額の倍以上の返済総額となってしまう事もあるので注意しましょう。ただ消費者金融自体が危険だというわけではありません。必要な金額だけ借りる、借りたらすぐに返済する、これらを守っておけば、安全かつ便利なサービスだと言えます。

キャッシングとローンの違いについて

お金内緒

キャッシングとローンは、どちらも借金であることに違いはありませんが、時代の流れによって細分化されて、明確な定義は存在しません。しかしながら、用法としては業者や職種によって異なるので注意が必要です。借りる前に、審査基準、利率、限度額、返済方法などを細かくチェックしておかないと、トラブルの元となりかねません。 

 

「ローン」とは英語の「Loan」(貸付金)が原義であり、住宅ローン、教育ローン、自動車ローンのように、特定の資産を購入したときの支払いのために受ける融資のことです。基本的には、担保を必要とします。融資額は高く利率は低めで、返済方法は長期分割払いを主とします。「キャッシング」とは英語の「Cashing」(現金化)が原義であり、保証人も担保も必要としない点が「ローン」と大きく異なります。目的自由な現金を借りる金融業の形態と言えます。現金化とは、本人の借金返済能力に対して現金を貸す例えのことです。基本的に、無担保のために融資額は低く抑えられ、利率は高めです。返済方法は短期一括払いを主とします。 ちなみに「キャッシングローン」とは、両者を組み合わせたものと言えます。お金を借りるときはキャッシングの要領で無担保の現金、返済はローンの要領で長期分割返済となります。