個人信用情報機関とはどのようなものか

MENU

個人信用情報機関とはどのようなものか

お金借りる内緒

クレジットカード会社などは、適切な審査を行なうために個人信用情報機関に加盟しています。それぞれの会社は、いくつかある個人信用情報機関のどれかには必ず加盟しており、そこから個人が信頼できる人物であるかどうかの判断材料を入手しています。個人に借入状況がすぐにわかりますので、お金を貸す側は信頼性のある人物であるかどうかを一目で判断することができるのです。

 

いつも審査に通らないという方は、こうした個人信用情報機関に集められた自信の個人情報に信頼性に欠ける部分が大きいことが理由となっています。個人信用情報機関とは一つではなく、いくつか存在しておりカード会社や消費者金融はどれかの機関を利用していることになります。

 

この個人信用情報機関には、個人の氏名・生年月日・郵便番号・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号・契約日・契約内容・残債額・返済状況・入金状況などが細かくデータベース化されて保管されており、カード会社などの依頼によりその情報を提供しています。個人信用情報機関によっては、個人の依頼により情報開示を行なっているところもありますので、気になる方はその点を問い合わせて個人情報がどのようになっているか開示を求めることができます。