一般的な金融機関での取り立てについて

MENU

一般的な金融機関での取り立てについて

お金借りる内緒

借金の取り立てというと、嫌がらせをされたり脅しの電話がかけられてきたりというイメージがありますが、一般的な金融機関では、そのような違法な取り立ては一切おこなわれません。仮にキャッシングの返済を滞らせてしまったとしても、法の範囲内での取り立てがおこなわれるのみです。

 

具体的には、まずは個人の携帯電話などに、金融機関から督促の電話がかかってきます。恐喝まがいのことを言われるのではなく、あくまで返済期限を過ぎていることや発生する遅延損害金のリスクなどの説明がおこなわれます。もしも個人の携帯電話に連絡してもつながらなかった場合には、勤務先に電話がかかってきます。

 

とはいえ借金について上司や同僚に密告する電話ではなく、本人に電話口に出てもらい返済の督促をするための電話です。勤務先に電話をしてもまだ本人と連絡が取れない場合には、自宅や勤務先に金融機関の人間が直接取り立てに来ます。それでもなお返済がおこなわれなかった場合には、給料の4分の1の金額が差し押さえられ、返済に充てられるようになります。以後返済が終わるまで、給料の差し押さえは続きます。このように一般的な金融機関の取り立ては、極めて穏便におこなわれているのです。